金具を取り付けずに矯正できる

診療室

歯並びをキレイにする方法は昔よりもずっと進化していて、現在では矯正のために常時器具を取り付ける必要がなくなっています。つまり、歯の表面に装着する銀色の金具を利用しなくてもよい方法が用意されているのです。その方法はインビザラインといって、大阪にある矯正歯科を設置する歯科医院ならば多くが対応してくれています。金具の代わりに歯を動かすために作ったマウスピースを装着すればよいだけなので、見た目が気になって矯正を拒否していたかたも利用できるはずです。ちなみに、一人ひとりにあわせて作られたマウスピースですが、普通のマウスピースと使い方は同じなので取り外すことが可能です。一日のうちで決められた時間だけ装着していればよいため、いざというときは取り外しても矯正には何ら影響はありません。

対応の可否を調べてもらおう

治療

インビザラインは歯並びの状態によって、対応の可否が変わるため、もしかすると利用ができないかもしれません。そのため、インビザラインに少しでも興味があるのなら、歯科医院を訪れて歯並びを診てもらったほうがよいでしょう。じっくりと考えて歯並びを治して欲しいと歯科医院を訪れたのに、インビザラインが利用できないと告げられたのなら、時間が無駄になってしまいます。大阪にある歯科医院なら、インビザライン希望者に対しての歯並びチェックなら無料でやってくれるところもたくさんあります。もしも、利用できないのならば、ほかの矯正方法を提案してくれるので、そちらをじっくり考えるためにも早い段階で診察を受けにいってしまいましょう。

通販ショップで買えるものとは違う

マウスピース

マウスピースで矯正できるというアイテムは、通販ショップを利用すれば簡単に購入することができます。もちろん、大阪にも送ってもらえるので、わざわざ歯科医院に通って高いお金を支払う必要はないと考えるかもしれません。しかし、歯科医院で提供されるインビザラインは、歯の型を取ったうえで作ったマウスピースを使って歯並びを治すものです。誰でも使えるようになっている通販のマウスピースとは、効果がまったく異なるので同じものだという考えは捨てましょう。しかも、歯科医院では型を取るのは一回だけではなく、歯が動いたのならそれに併せて、さらに型を取りマウスピースを作ってくれます。それを何度も繰り返してくれるので、完璧な歯並びを目指すことができるのです。また、通販で売られているものと違って、全箇所ではなく限られた箇所だけの矯正ができるため、気になる部分があるのなら歯科医院に相談しましょう。

広告募集中